まず、初めにテイクバックとは……

打球に対して、打つ準備の事!

テイクバックの基本3ポイント!

①脱力

「ラケットを引く」だけでは不十分です。

引いたときにグリップを強く握りしめていたり、腕を大きく引きすぎてしまっていると余計な力(力み)が入ってしまいます。

余計な力(力み)が入っているとスムーズにスイングをする事ができないので、テイクバックは脱力して行いましょう!

②体を捻ってラケットを引く

待球姿勢から体を捻り、ラケットも自然と引かれる動作ができると、同時にタメができます。

これを腕だけで引いてしまうと、手打ちの準備をしてしまっている事になります。

上の写真を見ても、体が大きく捻られていますよね!

しっかり体を捻って、打つための準備をしましょう!

写真の全日本選抜優勝者・上岡選手が良いお手本です。で示されているように、大きく捻りを作って準備していますね(^_−)−☆

③テイクバックのタイミング

テイクバックが遅過ぎると、振り遅れの原因になります。

テイクバックが遅過ぎる=打つための準備ができていない という状態です。これでは振り遅れるのも当然ですね!

タイミングとしては、ボールがバウンドするまでには完了しているようにしましょう!


基本的にテイクバックの形は自由です。

基本の①脱力②体を捻ってラケットを引く③タイミング ができてこそ!

テイクバックの形ばかり気にしてしまうと足が動かなかったり、ボールへの意識が遅れ、気づいたころには手元までボールが来ている!?なんてことも!

打球に対して、打つための準備の基本3ポイント意識して身につけることで、多くの打球に対応できるようになります。

テイクバックの基本を身に付けて、どんどん打てる球を増やしていきましょう(^_-)-☆


最後までご覧いただきありがとうございますm(__)m

コロナ対策として

テンテニススクールは屋外コートで屋内よりも感染率が低く

お客様の触れる場所には、毎レッスン後にアルコール消毒

を行っております。

また、テニスを通して免疫力を上げて、コロナウィルスに

負けない身体づくりをしましょう。

テンテニススクールにて御待ちしておりますm(__)m

体験は、
『体験希望で、初心者で水・木の夜がいい』
なんて感じでご連絡を!
こちらから、木曜日の18:40~20:00のクラスはいかがですか?とお返事します。

メールよりもLINEの方が確実にテンテニからのお返事が届きます!
お気軽にどうぞ!

◆キャンペーン詳細はこちらから

テンテニススクールご入会キャンペーンバナー

テンテニススクールのお問い合わせはいくつか方法があります。

確実なのは、

LINEからのお問い合わせ・ご予約もOK(^^)/
体験なら、「体験レッスン希望です!」でお返事致しますよ~♪
友だち追加

※通常、お返事はスグ~1時間以内です。(営業時間内の場合)

お急ぎではない場合2

メールはこちらのページから。
キャンペーン以外の、レッスン内容などのお問い合わせでも大丈夫です。

※通常、お返事は当日又は翌営業日です。

お急ぎの場合

0566-52-6180

◆フロント営業時間◆
月 :16:00~21:30
火~金: 9:00~21:30
土 : 8:30~21:30
日 : 8:30~20:30

どの方法でも、お気軽に!